スポンサーサイト --/--/-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人物ブレ軽減と手持ち夜景モード 2009/05/10 Sun

SONY Cyber-shot DSC-HX1 のモードダイヤルには人物ブレ軽減モードと手持ち夜景モードがあります.
どちらも高速連写した6枚を合成してノイズを軽減するという仕組みは同じです.
では何が違うのか,室内での物撮りで実験したところ,ISO感度に違いが出ました.

■人物ブレ軽減モード
この実験ではISO1600まで上がりました.
左がプログラムオートでISO1600に設定したもの,右が人物ブレ軽減モードです.
DRオプティマイザーはOFFにしてあります.





■手持ち夜景モード
ISO400になりましたが,夜景でないためかアンダーになってしまったので+0.7段の補正を行いました.
左がプログラムオートでISO400に設定したもの,右が手持ち夜景モードで+0.7段の補正をしたものです.


サムネイルではほとんど差が分からないと思います.
等倍で並べて見ると,確かにノイズレベルが通常モードのISO感度を1段下げたのと同等くらいに感じます.
それとブレ軽減は高感度で高速シャッターを切ることにより得られる効果ですが,このテストでは三脚に固定しているので検証は出来ません.

室内撮影において,人物ブレ軽減モードでISO1600になったものと,手持ち夜景モードでISO400になったものでは,ブレさえしなければ後者の方がノイズ的には有利だと思うので,試してみる価値はありそうです.
今後チャンスがあれば,実際に夜景や屋内撮影で両方のモードを撮り比べてみようと思います.




ということで早速夜景で試してみました.

まず窓にカメラを置いて,おまかせシーン認識アドバンスによって自動で撮影された2枚と,手持ち夜景モードの計3枚です.
おまかせシーン認識でカメラが三脚使用と判断し,1枚目はISO800で1/8秒の撮影をし,2枚目でISO125(このカメラの最低感度)で2秒のロングシャッターを自動撮影しました.
手持ち夜景モードはISO3200で1/8秒です.






今度は本当に手持ち撮影で,おまかせシーン認識アドバンスは1枚目がISO800で1/8秒,続いて2枚目がISO3200で1/8秒となりました.
手持ち夜景モードもISO3200で1/8秒になったので,最後の2枚を比べれば,手持ち夜景モードの高速連写6枚分の合成による効果が確認出来ると思います.






テーマ : ★カメラ&レンズ・機材
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。